Home > ブログ > 海外インテリア実例集 > 【海外インテリア】ホテル仕様!コーディネートがおしゃれなベッドルーム実例集(まとめ)

スタッフブログ

ベッドルームはプライベートな空間なので自分好みにコーディネートができる空間です。ゲストを迎えるリビングやダイニングと違い自分の好みでアレンジ可能な空間がベッドルームです。憧れのホテルスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか。海外のマスターベッドルームをたくさん集めてみましたのでインテリアの参考にしてみてください。

 

豪華さのあるベッドルーム

 

ベッドのフレームと造作家具が一体化しています。間接照明を収納棚に埋め込んでいいるので高級感があります。

 

ナイトテーブルの代わりもステンレス製の棚を使って利用しています。モダンインテリアの雰囲気がかっこいいです。

 

ホテルのVIPルームの印象です。間接照明をふんだんに使用しています。ダークブラウンカラーの内装材が高級感を醸し出しています。

ミディアムブラウンカラーと間接照明が空間に高級感を与えてくれます。棚に埋め込まれた間接照明とデジタルな時計が印象的です。

 

 

 

 

ベッドリネンから内装まで艶のある質感で統一されているのでゴージャスな印象です。

グレーを基調にしながらアクセントでゴールドとネイビーをうまく使っていますね。大人な雰囲気がモダンクラシックスタイルを演出しています。

 

 

 

 

 

キャメルレザーのベッドフレームにクラシカルな内装のギャップが素敵です。

 

デスクのデザインはモダンな印象ですがクラシックスタイルの内装とミックスされています。

 

海外のインテリアではベッドの足元にベンチのようのものがあります。これはフットスツールといって靴を履くときに使用するものです。着替えを置いたりもします。

クラシカルな内装にヘッドボードやフットスツールをキャメルレザーでアクセントにしています。キャメルレザーは海外インテリア実例集でもよく登場するレザーのカラーですね。ビンテージスタイルや北欧スタイルでも登場する万能レザーと言えます。

 

 

 

 

シンプルなデザインのベッドルーム

キャメルレザーとグレーのファブリックの組み合わせは抜群の相性です。

 

内装材と家具の質感が揃っています。色を揃えるよりも質感を揃えることが重要です。

 

 

ベッドルームにちょっとしたお気に入りのアームチェアーがあるといいですよね。あこがれます。

 

景色が素晴らしいサニタリールームからのイメージ。

ミディアムブラウンカラーとグレーを基調にしてインテリアを構成していますね。大人の男性的なインテリアイメージです。この色の組み合わせは渋さと高級感のバランスがとれていていやらしさがないのが素晴らしいです。パウダールームのタオルまで統一されているのは脱帽です。

 

 

 

 

 

ウォールナットの白太を使って扉のデザインに利用しています。

 

クローゼットの扉がまるでアクセントウォールのようです。シンプルなデザインはごまかしが効かないので素材感が重要です。

 

北欧モダンスタイルのに多いのですが薪が積んであるだけでおしゃれですよね。

 

建具のWalnut材が特徴がありますね。通常ウォールナットは丸太の周辺部分の白く白太と呼ばれる部分がありあまり使用品場合が多いのですがあえて使用する事で木目の表情が素晴らしいインテリアを演出しています。テレビの背面をデスクスペースにするのは珍しいですね。

 

※余談ですが薪が積んであるだけで北欧モダンスタイルのようでおしゃれですよね。実際にやってみると虫食いのある薪が混ざっていると虫(ヒラタキクイムシなど)が発生してしまいます。家の中に入れる前にこちらを使っておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

壁面がとても個性的ですね。シルバーの壁はやや使い込まれたレトロ感があります。

 

 

 

こちらも木目が特徴的な扉でアクセントにしていますね。ライトグレーを基調にして圧迫感を軽減しています。間接照明も多用していてムードがいいですね。壁面を内装で個性的にアクセントを加えている場合はシンプルなベッドフレームにすることで個性がぶつかって喧嘩する事がなくなります。ウォークインのオープンクローゼットは高級ブティック顔負けです。

 

 

 

 

 

 

 

ブラックとグレーを基調としているベッドルームです。低いベッドはかっこよく見えますね。寝室のテレビはリビングと違いメインではないのでDVDなどの周辺機器が少なく壁付けに向いていますね。ベッドのもたれかかりテレビが見れるのですが上体を倒しながら見る事が多いのでテレビの取り付け位置はリビングよりもやや高めがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

特徴的なベッドフレームですね。ワインレッドカラーが部屋の主役になっています。ヘッドボードはそのままソファとしても機能してくれそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

https://www.behance.net/

ホワイト、グレー、ブルーを基調にコーディネートされています。フローリングの斜め貼りがクールな空間に木の温もりをお洒落に演出してくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フローリング材の貼り方が個性的です。ヘリンボーン柄のフローリングは海外インテリアでよく見かけますがこんなスタイルはめったにないですね。緑の壁面とゴールドのアクセントは日本のインテリアではなかなか見かけないコーディネートです。

【参考】※床別の海外インテリ実例集はこちら

 

 

 

 

 

 

 

こちらもグリーンがアクセントカラーにしているベッドルームです。先程の色よりもややくすんだ印象でモスグリーンに近い色でしょうか。モスグリーン系の色にすることでウォールナット材のベッドフレームとコントラストがありながらも馴染んでいます。グリーンは心が落ち着く色なので寝室で採用したいアクセントカラーといえるでしょう。

 

”緑色は暖色の黄色と寒色の青色との中間の色なのでほとんどの色と調和します。自然や植物に思われる安心感や安らぎ、さわやかなどのイメージから心を穏やかにする効果があるので落ち着きたい寝室や書斎、寛ぎたいリビングなどにオススメです。唯一温度を感じない中間色なのでインテリアに一番使いやすい有彩色です。”

出典:暮らしに役立つ色彩心理

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面はグレーの木目でブラウンレザーのベッドフレームが渋いです。寝室に求められている落ち着きを与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

床に家具を置かずに造り付けにすることで掃除も楽そうです。テレビの配線なども設計の段階で決まっていなければなりません。リフォームなどを検討している方にはベッドの大きさや向き、テレビの配置など細かく事前にシミュレーションしておくと良いでしょう。

 

 

 

まとめ

いかでしたでしょうか?どれも素敵なお部屋ですよね。ベッドルームはプライベートとな空間なのでこだわる人とこだわらない人の差が大きいと思われます。「どうせ寝るだけの部屋だし…。」という方もいるかもしれません。ですが、毎日過ごす自分の寝室ですのでお気に入りの空間にしてみてはいかがでしょうか?夜のイメージですので間接照明を使うと効果が高いのもベッドルームの特徴です。また、造り付けなどの造作家具で空間の方向性をはじめから決めている場合も多く見られました。お子様が大きくなり家を出てリフォームなどを検討されている方にはホテル仕様の大人な空間を手に入れてもらいたいです。

 

 

最新の投稿

  • ソファコレクション
  • 海外インテリア事例集
  • カタログ請求
  • ラテックス
  • エヴァンゲリオン
  • KINDREAM
  • 納品事例
  • 有松
  • 名古屋
  • 神戸
  • 神戸
  • FACEBOOK
  • INSTAGRAM
  • TWITTER